所在地:神奈川県相模原市緑区橋本3-21-5(橋本駅北口より徒歩4分)

Tel:042-773-1571 Fax:042-779-2668

E-Mail:info@hashicli.jp

 私、院長櫻井健治は1969年東京慈恵会医科大学を卒業し、慈恵医大病院、北里大学病院などで透析医療と泌尿器科診療に従事しました。1980年9月に橋本駅前で橋本クリニックを開業し、2000年9月に現在地に移転しました。1988年北里大学にて学位を取得し、現在日本透析医学会認定医・指導医で1974年から北里大学医学部泌尿器科非常勤講師を兼務しております。趣味はゴルフ、テニス、映画鑑賞などです。読書も好きで、卒後40年を過ぎて読んだ吉村昭作、慈恵医大の学祖高木兼寛先生の物語「白い航跡」には強く心打たれました。

 私が透析医療に携わって47年が過ぎました。この間の進歩は目覚ましく、生体適合性の良い高性能透析膜の出現、超純水透析液の使用、優れた患者監視装置の使用などで高品質の透析医療が提供できるようになりました。また、短時間頻回透析、長時間透析、在宅透析、on-line HDFなど色々な治療法が選択可能となりました。

橋本クリニックではon-line HDF治療を2000年12月から始めており、その特徴と利点をしっかり把握しながら長期合併症の予防と治療のために、また患者様方が元気になっていただくために積極的に施行しております。

透析合併症の病態の解明も進んでおり、良い透析を受けてしっかり自己管理すれば30年以上の透析の継続が

可能な時代となってきております。

 スタッフ一同は、より良い透析医療を皆様に提供するため、日々進歩をモットーに、明るく、真面目に、
根気よく働いております。

■ 齋藤 毅

   東海大学医学部卒

   北里大学病院泌尿器科研修医・助手

   平成10年橋本クリニック常勤医師

■ 若林 靖久

   外来日:金曜日

   金沢大学医学部卒

   内科専門医・指導医

   腎臓専門医・指導医

   透析専門医・指導医

   FACP(米国内科学会フェロー)

 

常勤医      2名

非常勤医師    3名

看護師        9名

臨床工学技士   7名

臨床検査技師   1名

管理栄養士    1名

栄養士      2名

事務       4名

ナースエイド   4名

なお、透析に伴う合併症、一般内科疾患、

泌尿器科疾患、性感染症などで難治性の場合は

北里大学病院、慈恵医大病院、相模原協同病院、東海大病院、東京医大八王子医療センター、

森下記念病院などに紹介状をお書きし皆様が

良い医療を受けられるように配慮いたします。

Copyright © 2003-2016 Hashimoto Clinic. All rights reserved.